futureshop FAQ

お困り事やご不明点等ございましたら、お気軽にフューチャーショップサポートまでご連絡ください。

  • 電話でのお問合せ番号(平日10:00〜17:30)
  • メールでのお問合せ
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1791
  • 公開日時 : 2019/09/04 09:30
  • 印刷

Google ショッピング広告と連携したいです。

サポートカテゴリー : 

回答

フューチャーショップは、「Googleショッピングパートナー」です。

Google Shopping連携をご依頼いただければ、データ連携を毎日自動で行いますので
「ショッピング広告」をスムーズに出稿していただけます。

 

目次

「Google ショッピング広告」とは?

Google ショッピング広告を出稿すると、
下記のようにGoogleの検索結果画面の上部右側
「画像付きの広告」を表示することが可能となります。
 

特に、スマートフォンの検索結果画面では、テキスト広告よりも上に表示され、
スマートフォンの小さな画面の半分ほどを占めています。
 



 

ショッピング広告の出稿方法については下記のヘルプページをご確認ください。

●Google 広告(旧称Google AdWords) ご利用ガイド - Google 広告(旧称Google AdWords) ヘルプ 
https://support.google.com/adwords/answer/6146252
●ショッピング キャンペーンを作成する - 従来版 - Google 広告(旧称Google AdWords) ヘルプ
https://support.google.com/adwords/answer/3455481

Googleショッピング連携をご依頼ください

ショッピング広告を出稿するための連携設定をご希望の店舗様は

管理TOP>管理者設定 各種ご依頼フォーム 内の
Googleショッピング連携依頼」 よりご依頼ください。

データの登録方法

「ショップ全体で登録する」方法と、「商品ごとに登録する」方法がございます。
また、商品ごとに登録する場合はCSVでまとめて登録することも可能です。

ショップ全体の設定方法

構築メニュー>プロモーション管理>Google設定 最下部「Google データフィード 設定」にて、
ショップ共通のGoogleデータフィード情報を設定することができます。

 

商品ごとに項目を変更する必要がない場合は、
この画面にて設定いただくと全商品に対して共通の情報が登録されます

商品個別の設定方法

運用メニュー>商品管理>商品基本情報編集>Google にて、必要情報をご入力ください。

CSVでの一括登録方法

CSVでの一括登録も可能ですが、最初からCSV上で登録していただくよりも、
まずは管理画面にてGoogle設定情報を入力いただいた後にCSVをダウンロードいただきますと、
情報が入った状態のCSVデータが確認できますので、
どの項目にどういった情報を入力すればよいかが、わかりやすくなります。

数商品のGoogle設定を行い
運用メニュー>商品管理>商品データ一括取得 にて、
【Googleデータフィード登録用ファイル】をダウンロードいただき、

 ↓

必要情報をご入力いただいた後に、
運用メニュー>商品管理>商品データ一括登録 にて、
【Googleデータフィード登録用ファイル】を選択してアップロードしてください。

登録が成功したかどうかは、
運用メニュー>商品管理>商品データ一括登録履歴一覧 にてご確認いただけます。

登録項目について

必須項目と推奨事項

フューチャーショップより連携するデータは、
管理画面に入力いただいている商品情報を元に生成しておりますので、
下記の必須項目を、管理画面にて登録する必要がございます。
 

運用メニュー>商品管理>商品基本情報編集「Google」タブ にて、
下記の必須項目をご入力ください。

必須項目
  • Google商品カテゴリ
  • 商品カテゴリ
  • 固有商品ID:「ブランド・製品番号・JANコード」の3要素の内、2要素以上
  • 【バリエーション商品】画像選択
  • 【ファッション関連商品】性別・年齢層を「指定なし」以外に変更
推奨事項
  • 商品名
    Googleショッピングで表示される商品名は35文字
    ショッピング広告での商品名は15文字となりますので、
    商品名は15文字以内を推奨しております。
  • 非掲載
    ショッピング広告として表示させたくない商品は、
    非掲載先を「なし」→「ショッピング」を選択することで、
    該当商品がショッピング広告に表示されなくなります。

商品名・商品説明

運用メニュー>商品管理>商品基本情報編集>Google タブの
商品名・商品説明が空欄の場合は、
基本情報設定にて入力されている商品名・商品説明がそのまま送信されます。

商品説明内にHTMLが記述されている場合は、HTML部分を省いたテキストを送信します。

商品名は、Google ショッピングでは35文字までしか表示されず、
ショッピング広告では、15文字を超えた部分がファーストビューでは省略されるため、
15文字以内での設定をおすすめします。

また、Google ショッピングでの商品名には、
「送料無料」「SALE」等の宣伝目的のテキスト使用が禁止されています。

詳しくは、下記ヘルプページをご確認下さい。


■title [商品名] - Google Merchant Center ヘルプ
https://support.google.com/merchants/answer/6324415?hl=ja 
■description [商品説明] - Google Merchant Center ヘルプ
https://support.google.com/merchants/answer/6324468?hl=ja&ref_topic=6324338 

Google商品カテゴリ

下記のページに「Googleの商品分類の一覧データ」があります。

テキスト形式で下記のいずれかのデータをダウンロードします。
(※そのままクリックすると文字化けする場合があります。)

  • 数値形式の ID を含むカテゴリ分類の書式なしテキスト(.txt)
  • 数値形式の ID を含まないカテゴリ分類の書式なしテキスト(.txt)

ダウンロードしたテキストファイルを開くと、
Googleの独自カテゴリが記載されているので、

該当する「カテゴリの文字列」
もしくは「カテゴリID」をピックアップして、管理画面に貼り付けてください。

 

■google_product_category [Google 商品カテゴリ] - Google Merchant Center ヘルプ
https://support.google.com/merchants/answer/6324436?hl=ja&visit_id=1-636679448278697425-3200287840&rd=1

商品カテゴリ

商品カテゴリは、ショップでの分類に従った商品カテゴリを指定します。
パンくずナビ形式で、

レディース > アウター > ジャケット
レディース > カラー > ブラック
レディース > 素材 > レザー


のように、記述して下さい。
複数ある場合は、改行して10個まで登録が可能です。

 

■product_type [商品カテゴリ] - Google Merchant Center ヘルプ
https://support.google.com/merchants/answer/6324406?hl=ja&ref_topic=6324338

固有商品ID(固有商品IDの存在、ブランド、製品番号、JANコード)

固有商品IDの存在

カスタム メイド商品、ヴィンテージ商品、コレクション アイテムなど、
固有商品ID(型番)がない商品は、「存在する」のチェックを外してください。

  • ブランド(brand)
  • 製品番号(mpn)
  • JANコード(gtin)

上記3項目のうち、2項目以上が設定されていることが、必須条件となっております。
 

ブランド : ブランドが無ければ店舗名を入力してください。

製品番号 : 製品固有の番号を任意に設定します。基本情報画面の「商品番号」と同じでも問題ありません。
       入力できるのは半角英数字のみですので、ハイフン等の記号が入っているとエラーとなります。

JANコード: 商品基本設定、またはバリエーション設定にて設定します。8桁、または13桁でなければ連携されません。
       重複しないようご登録下さい。

Google 広告(旧称 Google AdWords)関連項目

Google 広告管理画面にてグループ毎に単価設定をすることができます。

そのグループごとの単価設定をする際に、
どういったグルーピングで表示されるかが、
この項目の入力の仕方により変わってまいります。

初期段階では必須ではありませんので、
入力していない状態でもショッピング広告への出稿は可能となります。


各項目の詳細に関してはヘルプページにてご確認ください。

ヘルプページ:Googleデータフィード設定
https://www.future-shop.jp/manual/operate/goods/opt-GoodsGoogleDataFeed.html
参考資料)主要な項目についてのfutureshop管理画面と
Google 広告(旧称 Google AdWords)管理画面の対応表

バリエーション/ファッション項目

Googleに対して、バリエーションの縦軸・横軸どちらの情報を送信するかを選択し、その情報が何の情報であるかを指定します。
(画像最小サイズ250px×250px)




次に、各バリエーションに対して「画像選択」ボタンをクリックして画像パスを指定します。
画像パスが空欄となっている場合、Google側に画像情報が送信されませんのでご注意下さい。

バリエーションの縦軸、もしくは横軸のどちらかを選び、かつ「色」「素材」「柄」「サイズ」の
いずれかを選択し、「商品画像に採用する」を選択した軸(縦軸または横軸)すべての
バリエーションに画像を設定してください。
 

 

【画像の利用順位(上位の画像登録がない場合に、下位の画像が利用されます)】
商品画像は、下記の順で存在する画像が優先され登録されます。

 

■バリエーション商品の場合

  1. バリエーション縦軸の画像
  2. バリエーション横軸の画像

バリエーションを登録されている場合は、
「バリエーション(縦軸)」「バリエーション(横軸)」に登録されている画像が最上位となります。


また、「商品画像に採用する」が選択されているのに、
画像が設定されていないバリエーションがある場合、
バリエーションとしてGoogleショッピングにデータ送信されません。

 

■画像ホスティング無の場合

  1. 商品画像1拡大画像
  2. 商品画像1画像
  3. サムネイル画像

■画像ホスティング有の場合

  1. 画像ホスティング画像(メイン)
  2. 画像ホスティング画像(サブ)
  3. 商品画像1拡大画像
  4. 商品画像1画像
  5. サムネイル画像

性別・年齢層

ファッション関連商品に関しては、必須項目となっておりますので、
初期状態の「設定なし」から、該当項目への変更が必要です。

非掲載先

ショッピング広告として表示したくない商品について、
非掲載先[excluded_destination]を指定することで、
Googleショッピングの商品広告に商品が表示されなくなります。

既に自社でGoogle Merchant Centerのアカウント登録をされている場合

各店舗様のGoogle Merchant Centerアカウントは、
弊社にて一元管理をすることで、毎日自動的にGoogleへのデータ連携を行なっております。

アカウントが重複している状態ですと、
フューチャーショップ側からのデータが連携できない為

Google Merchant Centerの管理画面内の [ 設定 > 全般 > ウェブサイトのURL ]
の項目のURLを削除して「変更を保存」をしてください。

Googleショッピングに連携されない商品データ

下記の場合、Googleショッピングと自動連携をいたしません。

  • PC版店舗が閉店中
  • 商品ステータスの「公開」のチェックが外れている
  • 「他社サービス」の「公開」のチェックが外れている
  • 「商品スタイルの表示設定」の 「カートへ」表示のチェックが外れている
  • 商品販売価格が「0円」で登録されている
  • 「闇市パスワード」が登録されている
  • 「アクセス制限」で「会員のみアクセス可とする」のチェックが入っている
  • 販売期間が設定され、Googleショッピングへの商品データ送信時に「販売期間外」の場合

スムーズに解決できなかった場合、記事改善のため解決できなかった理由をお聞かせください。

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

フューチャーショップサポート

「虎の巻」でお悩みが解決できない場合や、ご不明点等がございましたらお気軽にご連絡ください。

  • お電話でのお問い合わせ(平日10:00~17:30)お電話でのお問い合わせ(平日10:00~17:30)
  • メールフォームをご利用くださいお問い合わせフォーム

ページ
トップへ