futureshop FAQ

お困り事やご不明点等ございましたら、お気軽にフューチャーショップサポートまでご連絡ください。

  • 電話でのお問合せ番号(平日9:30〜18:00)
  • メールでのお問合せ
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3434
  • 公開日時 : 2018/04/03 20:38
  • 更新日時 : 2018/04/19 19:00
  • 印刷

メールアドレスをメールソフトに設定する際の「ポート番号」について教えてください。

回答

メールソフトによって表現は異なりますが、大きくは下記の通りです。
店舗様のセキュリティレベル、または環境に応じて、使用するポートをお選びください。

受信サーバ

ポート番号 使用する暗号化接続の種類   備考
110 なし  
995 SSL メールを暗号化で受信するときに必要な設定

送信サーバ

ポート番号 使用する暗号化接続の種類 備考
465 SSL  
587 自動 or TLS(推奨) 

・サブミッションポート番号
・メールソフトがSMTP AUTH方式の認証に対応している必要あり 
・メールを送信する際に「不正な証明書」という警告が出てしまう可能性がある
詳しくはこちら

SMTP AUTH(エスエムティーピー・オース)について

SMTP AUTH(エスエムティーピー・オース)とは、
メール送信時にメール送信サーバーにてユーザー認証を行う機能です。
送信者を特定し認証された場合のみメール送信を許可します。
第三者による不正なメール中継などの対策として有効です。

 

送信サーバが465だと繋がらない場合に考えられる理由

インターネットプロバイダが原因の場合と、
メールソフトが対応していない場合があります。
 

インターネットプロバイダが原因の場合

「Outbound Port25 Blocking(OP25B)」という仕組みを採用しているインターネットプロバイダ(ニフティやSo-netなど)では、
インターネットプロバイダの送信メールサーバー以外からは、通常の設定ではメール送信ができないようになっています。


そのようなインターネットプロバイダをご利用の場合、ご利用のメールソフトでは、
弊社メールサーバーからメールを受信することはできますが、送信ができない場合があります。

インターネットプロバイダが原因と考えられる場合は、
Submissionポート(メールソフトからのメール送信を受け付けるための専用ポート)の設定をすることで、
メールを送信できるようになります。

 

弊社では、Submissionポート(587番ポート)をご用意しておりますので、
ご利用のメールソフトの設定画面で、「送信メールサーバー」の「ポート番号」を587番に変更してください。

メールソフトが対応していない場合

OP25B対応のためのSubmissionポート(587番ポート)使用については、
ご使用になるメールソフトがSMTP AUTH方式の認証に対応している必要があります。

 

古いバージョンのメールソフトでは、SMTP AUTH方式が使用できない場合や、
ポート番号をSubmissionポート(587番ポート)に変更できない、または、利用できない場合があります。

 

メールソフトが原因と考えられる場合は、Submissionポート(587番ポート)の設定が可能な新しいメールソフトへ変更するか、
メールソフトのバージョンを最新バージョンに更新するなどをお勧めいたします。

アンケート:ご意見をお聞かせください

フューチャーショップサポート

「虎の巻」でお悩みが解決できない場合や、ご不明点等がございましたらお気軽にご連絡ください。

  • お電話でのお問い合わせ(平日9:30~18:00)お電話でのお問い合わせ(平日9:30~18:00)
  • メールフォームをご利用くださいお問い合わせフォーム

ページ
トップへ