futureshop FAQ

本サイトは、弊社サービス「futureshop」ご契約店舗様用のFAQサイトです。
お困り事やご不明点等ございましたら、お気軽にフューチャーショップサポートまでご連絡ください。

  • 電話でのお問合せ番号(平日10:00~17:00)
  • メールでのお問合せ
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4642
  • 公開日時 : 2020/04/22 09:30
  • 更新日時 : 2020/09/23 14:42
  • 印刷

futureRecommend2(レコメンド機能)の利用開始までの流れを教えてください。

回答

コマースクリエイターご利用店舗様専用の記事です

コマースクリエイター未利用店舗様は以下の記事をご参照ください。

 ■虎の巻:futureRecommend2(レコメンド機能)利用開始までの流れ


※こちらのオプションは別途お申し込み(有料)が必要です。

 ■サービスサイト:レコメンド機能

 お申し込みは、管理TOP>管理者設定>オプション追加お申込み から行えます。

 

レコメンドの表示設定手順

1. レコメンド2設定画面にて利用設定を行う

本手順はコマースクリエイターの利用状況により異なります。

コマースクリエイター運用中店舗様

設定>レコメンド>レコメンド2設定にて、下記の2箇所にチェックを入れて登録します。 

  • 利用設定の「利用する」
  •  商品詳細ページレコメンド設定の「利用する」

 

コマースクリエイター有効店舗様

構築メニュー>ページ設定>レコメンド2設定にて、下記の2箇所にチェックを入れて登録します。 

  • 基本設定の「行動履歴収集タグを出力する」
  •  商品詳細ページレコメンド設定の「レコメンド商品を表示する」

 

 

2. 商品詳細レイアウトにレコメンド表示タグを配置する

コマースクリエイターではあらかじめ閲覧レコメンド用のパーツをご用意しております。
ここでは一例として本パーツを利用する方法にてご案内します。

commerce creator>テーマ>レイアウト にて
利用中の商品詳細レイアウトの をクリックしてレイアウト変更画面を開きます。

「閲覧ベース」でパーツ検索を行い、「レコメンド(閲覧ベース・futureRecommend2)」パーツを任意の箇所に設置して保存します。

 

「レコメンド(閲覧ベース・futureRecommend2)」パーツに含まれるレコメンド表示タグとは、
”この商品を見た人は、こちらの商品も見ています”を表示するタグを指します。

レコメンド表示タグが設置された商品詳細ページが閲覧されることで
レコメンドエンジンにアイテムデータ(商品情報)が送信されます。
 

送信されたアイテムデータは、朝8時、夜19時から開始される更新処理により、
サイトにレコメンド商品が表示されたり、内容が更新される仕組みとなっています。

また、閲覧履歴に商品を表示するために、「閲覧した」というデータ送信もしています。


これらの仕様のため、商品詳細ページにレコメンド表示タグを設置する必要があります。
商品詳細ページにレコメンドを表示したくない場合は、
タグ設置後、CSSで非表示にするか、パーツ内のtemplate部分を空白にしてください。

template:'fs_c_flick'
  ↓
template:''
 

 

 

3. 商品ページを閲覧し、次回レコメンドデータ更新まで待つ

前述の通り、レコメンド表示タグが設置された商品詳細ページを表示することで、
レコメンドエンジンにアイテムデータが送信され、朝8時と夜19時からの更新処理により順次更新・反映される仕様です。

2.でレコメンド表示タグを設置した後、各商品詳細ページを本番環境にて表示してください。
(※プレビューモードではアイテムデータの送信が行われません。)
 

店舗開店前で本番環境での表示が難しい場合や、
商品点数が多くすべての商品詳細ページの表示が現実的でない場合は、CSVを用いた一括登録をご利用ください。

CSVを利用すると、毎日2回の更新処理を待たずに即時反映することもできます。※

一括登録の詳しい手順は、以下のマニュアルをご参照ください。

■futureRecommend2マニュアル:レコメンド管理画面-アイテム管理

※即時反映が利用できない時間帯もあります。詳しくはマニュアルをご確認ください。

 

 

ショッピングカートページにレコメンドを表示する場合

上述の設定を行いますと、
各商品詳細ページに”この商品を見た人は、こちらの商品も見ています”が表示されるようになりますが、
追加機能として、ショッピングカートページ内でカートに入れた商品に対して、
“この商品を買った人は、こちらの商品も見ています”を表示することも可能です。

1. タグを設置する

設定>レコメンド>レコメンド2設定 「カートページレコメンド設定」の出力タグ設定に下記を入力してください。

<script type="text/javascript">
<!--
try{
_rcmdjp._displayRecommend({
type:'cv', // レコメンド種別
code:'{% recommend.cart_product_url %}', // 商品URLコード
template:'fs_c_static3' // テンプレート種類
});
}catch(err){}
//--></script>

赤文字の箇所を変更すると、ランキングの表示形式を変更できます。
 

templateには、futureRecommend2管理画面(レコメンド管理画面)設定>テンプレート で作成したテンプレート名を入力します。


テンプレートの作成方法は下記のマニュアルをご確認ください。


 ■futureRecommend2マニュアル:レコメンド管理画面-設定-テンプレート

 

2. 出力タグをレイアウトに配置する

commerce creator>テーマ>レイアウト 利用中のショッピングカートレイアウト変更画面 にて、
任意の位置に「レコメンドパーツ」を配置します。




 

他のレコメンド機能(ランキング、閲覧履歴、新着商品、ピックアップ)を表示する場合

futureRecommend2では、
レコメンド”この商品を見た人は、こちらの商品も見ています”の他に、
ランキング、閲覧履歴、新着商品、ピックアップ(任意商品の表示)の表示が可能です。

一例として、月間閲覧数ランキングを表示する手順をご紹介します。
(ランキング以外の表示方法についてはfutureRecommend2マニュアルを参照ください。)

1. タグを設置する

以下のタグを、設定>レコメンド>レコメンド2設定 の「出力タグ」のいずれかに記述します。

<script type="text/javascript">
<!--
try{
_rcmdjp._displayRanking({
type:'pv', // ランキング種別
span:'month', // 期間
template:'fs_c_static3' // テンプレート種類
});
}catch(err){}
//--></script>

 

赤文字の箇所を変更すると、ランキングの表示形式や見え方を変更できます。

type(種類)
pv:閲覧数
cv:購入数

span(期間)
month:前月から過去1か月間(マンスリーランキング)
week:前日から過去1週間(ウイークリーランキング) 
day:前日1日間(デイリーランキング)

template(テンプレート)
futureRecommend2管理画面(レコメンド管理画面)
設定>テンプレート で作成したテンプレート名を入力します。


テンプレートの作成方法は下記のマニュアルをご確認ください。

 ■futureRecommend2マニュアル:レコメンド管理画面-設定-テンプレート


 

2. 出力タグをレイアウトに配置する

commerce creator>テーマ>レイアウト にて、
表示させたいページのレイアウト編集画面を開き、任意の位置に「レコメンド出力タグパーツ」を配置します。

(手順1で「出力タグ1」にタグを記述した場合は、「レコメンド出力タグ1パーツ」を配置します。)




 

スムーズに解決できなかった場合、記事改善のため解決できなかった理由をお聞かせください。

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

フューチャーショップサポート

「虎の巻」でお悩みが解決できない場合や、ご不明点等がございましたらお気軽にご連絡ください。

  • お電話でのお問い合わせ(平日10:00~17:00)お電話でのお問い合わせ(平日10:00~17:30)
  • メールフォームをご利用くださいお問い合わせフォーム

ページ
トップへ