• No : 2314
  • 公開日時 : 2018/02/17 15:40
  • 更新日時 : 2018/03/19 15:55
  • 印刷

SSI(Server Side Includes)方式でのインクルード方法について教えてください。

回答

SSIでのインクルード(ファイル読み込み)対応方法についてご紹介いたします。

  • Movable Type・WordPress 利用オプションをご利用いただいている領域内では、
    SSIをご利用いただくことができません。(CMS(VPS)オプションの場合はご利用いただけます。)
  • Movable Type・WordPress利用オプションを使用しているページ、
    もしくは動的ページで使用する場合は
    代替案として、iframeやJavaScriptでの構築をご検討いただければと思います。
  • SSLサーバにアップロードしているファイルをSSI方式でインクルードすることはできません。 

※ SSI方式はサーバ負荷が高いため、futureshop動的ページでは、ご利用をご遠慮いただけますようお願いいたします。

SSIでのインクルード(ファイル読み込み)対応方法

 例)トップページのファイル[ index.html ]内で、 
   読み込ませたいファイル[ header.html ]を表示したい場合

1:「.htaccess」に下記の記述を追記

AddHandler server-parsed .shtml 

AddHandler server-parsed .html 

AddHandler server-parsed .htm 

2:読み込ませたいファイルをhtmlで作成しFTPでアップロード

読み込ませたいファイル[ header.html ]を、 FTPサーバ上にアップロードします。
(読み込ませたいhtmlファイル内には特別なタグは不要です。)

3:読み込むファイル内に、読み込むための記述を記載。

トップページのファイル[ index.html ]内で、 下記のように記述します。 

どの階層からファイルを読み込むかにより記述が異なります。

■同階層から読み込む場合

<!--#include file="header.html" --> 

■下位ディレクトリから読み込む場合

下位ディレクトリ「common」の場合

<!--#include file="common/header.html" --> 

■上位ディレクトリにさかのぼって読み込む場合

<!--#include virtual="../header.html" -->

以上により、index.html内に、header.htmlが読み込まれる状況となります。 

ファイル名は、適宜ご変更ください。