• No : 2487
  • 公開日時 : 2018/02/17 19:45
  • 更新日時 : 2020/04/27 19:59
  • 印刷

メール共有・受注管理ソフトから送信したメールがエンドユーザー様に届かない

回答

他社のメールサーバを利用するようなメール共有・受注管理ソフトなどをご利用で、
かつ下記の条件に合致する場合、
送ったメールが「なりすましメール」として迷惑メール扱いになっている可能性がございます。

  • futureshopの契約ドメインのメールアドレスを利用している
  • メール共有・受注管理ソフトのメールサーバなど外部のシステムを利用して配信している

解決方法

ご契約ドメインのDNSサーバーにSPFレコードを設定することで解消するかと存じます。

SPFレコードは「ドメインから送っているメールがどこのサーバーから送信するか」を記載した情報です。

SPFレコード例:
example.co.jp IN TXT "v=spf1 include:spfgw.fsi.ne.jp ~all"
example.co.jp のメールは spfgw.fsi.ne.jp から送信する 旨が記載されています

この設定を行うことによって、
店舗様と全く関係のない第3者が店舗様をなりすましてメールを送ることを防ぐことができます。

一方で、この設定を行っていないと、
店舗様自身によって行われるメールも「なりすましメール」扱いになる可能性がございます。
 

対応

DNSサーバーをどこで管理しているかによって対応が異なります。

弊社DNSサーバを利用の場合

メール管理ソフト運営業者様に
「送信用のメールサーバのIP(もしくはSPFレコード)」についてご確認をいただき、
設定するSPFレコードの内容を弊社サポートまでメールでご連絡下さいませ。

SPFレコードの設定は弊社にて無料で対応いたします。

 

 他社DNSサーバを利用の場合

SPFレコードの設定はDNSサーバでの設定が必要です。
そのため、具体的な設定方法につきましては
ご利用のDNSサーバ管理会社様へお問い合わせください。

 

※その他、ご注文確認メールなど、メールがエンドユーザー様に届かない際の対応はこちらをご参照ください。