• No : 1589
  • 公開日時 : 2017/11/06 22:36
  • 更新日時 : 2018/02/18 22:31
  • 印刷

Googleの「モバイルフレンドリー」は、何か対策が必要ですか?

回答

2015年4月21日にGoogleからリリースされた、モバイルフレンドリーアルゴリズム対策に関する記事です。

futureshopのモバイルオプションをご利用の場合、
Googleが求める「スマートフォンに最適化したページ(スマートフォンユーザーが利用しやすいページ)」を表示できますので、
特別な対応をしていただく必要なく、モバイルフレンドリー対策済みとなります。

ただし一部、さらに追加対策していただきたい箇所がございますので、ご案内いたします。
 

▼モバイルフレンドリーかどうかの確認は下記Googleヘルプをご参照ください。
(万が一、モバイルフレンドリーではないと判定された場合は、別途サポートにご相談ください)

https://support.google.com/webmasters/answer/6352293?hl=ja

 

 

対策1.ポップアップ画像の幅指定

モバイル>デザイン設定 の「デザインCSSの編集」 に、下記CSSを追記してください。 
(※画像ホスティングオプション利用有無に関わらず記述してください。)

/* 商品画像のポップアップ画像の幅指定 */ 
#FS2_ItemImagePopup img{ 
width:100%; 

 

対策2.契約ドメインのリダイレクト設定

契約ドメインでアクセスされた際に、スマートフォン用のトップページにリダイレクトさせる方法です。
「.htaccess」ファイルへ下記の内容を記述してください。

 

その1.自動生成のスマートフォン用トップページへ遷移

スマートフォンで「http://ご契約ドメイン/」へアクセスされた際に、

http://ご契約ドメイン/fs/店舗key/c/」へリダイレクト(遷移)させます。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} iPhone [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} (Android).*(Mobile) [NC]
RewriteRule ^$ /fs/【店舗KEY】/c/ [L,R=302]

※【店舗KEY】は、ご契約店舗の店舗KEYに差し替えてください。

 

その2.独自でトップページを作成していた場合

スマートフォン用トップページを独自で作成する場合、最後の行を下記のように書き換えます。
下記は、スマートフォン用トップページを、FTPサーバ上の「sp」というディレクトリにアップロードした場合の記述です。
※「/sp/は任意のディレクトリ名に変更可能です。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} iPhone [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} (Android).*(Mobile) [NC]
RewriteRule ^$ /sp/ [L,R=302]

※/sp/をスマホ用トップページのフォルダ名に差し替えてください。

 

 

【ご注意】
.htaccessの設定を誤ると、サイトが表示されないなど、
想定外の動作をする場合がございますので、必ず表示確認を行ってください。


※「.htaccess」とは、Webサーバの動作をディレクトリ単位で制御するためのファイルです。
 すでに「.htaccess」を設置されている場合は、上記を追記してください。
 「.htaccess」は、「public_html」内へアップロードを行ってください。